読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会って

元気かな、時々思い出す
大学一年生の太一に出会ったのは、
一番しんどい時期に夜中のおにぎり製造のバイトで
だった、車椅子に乗っていた

今でも忘れられない

僕の障害は、見ればわかる
あんたのは、いくら苦しんでいても、
わからないから
同情も偏見もあったもんじゃない
僕は
障害がある様に生きればいいけど

しんどいのに
平気な振りして生きるの大変そうだね
と言われて親切にしてもらった

なにも言っていないのに、ずぼしだった

彼と出会ったことで障害を抱えた人への意識が変わった

手伝う時に遠慮が無くなくなった
いい奴だった


元気かな