読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春と聞くだけで


春と聞くだけで、すぐ明るい軽いうす桃色を
連想するのは、閉ざされた長い冬の間のくすぶった灰色に飽き飽きして、のどにつまった重い空気を
どっと吐き出してほっと目をひらく、すぐに
飛び込んで欲しい反射の色です



夏目漱石草枕の冒頭のように、そらんじられる

この書き出しにまず惚れた、
平明で、暮らしの様子
お人柄までも彷彿とさせて、一言の無駄もない

漢字の散りばめ方が秀悦だリズムを壊さない

吉野せい 鼻をたらした神 だ

ノンフィクションである
私は、随筆の最高峰だと思っている

この本は、死ぬまで私の傍らになければならない
例え目が見えずとも
例え、読めずとも
私が人間であるために


林竹二の本も、そうなのだが、
この本も、とくに大学出に理解されない場合が多い

辛酸舐めて、はじめて理解してもらえる書物やもしれない

私は、不幸だったのだろうか
矛盾との同居は、誰と一緒に暮らした年月より
はるかに長くは、なったが……………