読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命ってね、小学三年生に伝えたこと

わが子のために、、小学校で読み聞かせのボランティアをしていました
毎日のように、いじめ、自殺のニュースがとびかっ
いました、
前回書いた授業が私を動かしました

内田美智子 作 いのちをいただく

を読んだあとに子供たちに伝えたことです


(阪本さんは、牛を肉にする仕事をしています)

阪本さんは、汚い仕事だからやめたいのでは、ありません
阪本さんは、自分の命が、大切だとわかっている
人とだから
牛の命の重ささえもわかってしまうから
仕事が辛いのです
でも、しのぶくん (阪本さんの息子) は、言います

心が無い人とがしたら牛が苦しむからお父さんがしなさい って

牛の命の重さが、仕事が辛くなってしまうほどに、
わかっている阪本さんだからこそ、心のある死なせかたができるのです
考えてみてください

自分以外の命と付き合うとき
一番大切なことは、自分の命が大切だとわかっていることです
自分の命が、大切だからこそ相手の命の重さがわかるのです
自分の命など、どうでもいい人が
相手の命を大切にできると思いますか

食べ物のほとんどは、命です
命は、命でしか養えない
自分の命が大切だからこそ、命をめしあげて、食べ物となった命に対して
いただきますに、心がこもり
ごちそうさまに、感謝がやどるのです

自分の命など、どうでもいい人がいくら、命をとして支えられようとも、その食べ物に感謝できると思いますか


どうしても、自分の命が大切だと思えないのなら

黒いだえん形を想像してみてください
それは、あなたの心です
その真ん中にしっかり白い線を引いて下さい
その線は、自分の命が大切だと決めた線です
誰になんと言われようとも自分の命が大切だと
自分で決めた線です
決めればもどれる、線はあなた次第で太くもなる
どうせ私の命なんかと思っている自分に気がついたらもどればいい
自分の命を引き受けると覚悟してください


あなたの、命は、奇跡なのです
目で見える風景、臭い、音、考えること、
辛さ、嬉しさ
あなたの、ありとあらゆるすべての世界は、
あなたの命があったればこそのものです

私の命がつきても、あなたの世界は、変わらない
あなたにとって大切な人が亡くなってもあなたの、世界は、消えない

ただ一度、あなたの、命が消えるとき
あなたの、全ての世界は、消える
考えてください、哲学してください
自分の命が大切だと覚悟してください

自分の命が大切だとわかっていることこそが
自分以外の命と付き合うときの一番大切なことなのです



子供が毎日お腹をすかせていたら、
毎日、殴られていたら
学校に通えないほど貧しかったら
その子供にとってこの文章は、寝言にも劣る
大人として申しわくなく首を垂れる


人間が作った世界は人間の幸せのためにある