読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生のクラブ

先生は、一人でかかえ込みすぎだと思う

文科省も、学校のシステムも、同僚も

あてにねらないのなら

当の本人生徒に、相談してみるのも一つの手だ

教え導くではなく

生徒に主導権を渡してサポーターに回ればいい

タダでさえ伸び盛りを酷使して

選手生命短くしかねないのなら

クラブを運営する事も含めてクラブ活動

とすれば思考力もつくし

未来につながる学びの場になりは、しないか、


毎年半分以上のクラブの新設、解散

なるだろうがそれも、経験のうちだ

現状のクラブという組織は、硬い

硬いから身動き取れなくなる

もっと、しなやかで柔軟でいい

コ-チや監督のクラブじゃない

強くなりたいなら、生徒がコ-チを

見つけてくればいい

飼い慣らされた心を責任を考え直しては、いかがか

過労死するのは、理不尽にすぎる

生徒を無知ゆえの人殺しにしないで欲しい

何も持っていない人間が一つだけ

劣化したシステムに風穴を開ける可能性がある

相手を感動させることだ

それは、生徒に対しても同じだ