読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猿はサル

山に一番食べ物のない時期は、夏なのである



山を背負っている、拙宅には、

夏、人間には、都合の悪い

凶暴な野ザルがやってくる

去年は、百合の蕾を根刮ぎ召し上がって

さっていった

家という檻の中でじだんだを踏んだ



同じ猿なのに

なんと、動物園のサル山のお猿さんの品のいい

ことか

まさに、飼い慣らされているといった趣だ


今年は、文明の力を用意して

野ザルさまのお越しを待ち兼ねている

野ザル撃退用花火なるものを

我が子がプレゼントしてくれたのだ

百合の蕾を死守するのだ


空腹だと可愛そうだから、おにぎりでも

置いておこうかと言ったら

我が子に、

偽善者め、野生に失礼だと言われた

一言もございません ごもっとも



花火使おっかな、使うのよそおかな


その前に、都合により百合、植えっばなしなのだ

蕾付けないかもしれない


人まね小猿の絵本好きだったのに

夢と消えた 野生は、厳しいのだ