読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋 藤井聡太 4段 VS 羽生善治 3冠

羽生3冠が負けた一局だ

感想戦が楽しかった

対局は、十四歳だろうが、

親子ほど離れた、将棋会のレジェンドだろうが

関係ない

潔い、

負けは、負け、勝ちは、勝ちなのだ

感想戦では、長く君臨している棋手として、

気づかい、さすのを忘れて本気で考え込む

羽生3冠の姿に年長者のお手本を見る

十四歳は、十四歳で必要な最小限の言葉で

淡々と感想戦を進めていく

考ぬく人間の

地位だ名誉だ外聞だなどに惑わされない

将棋への真摯な姿に感動する

体罰も、しごきもない

自分自身で磨き上げた力なのだ

羽生3冠には、

次の才能に出会えたことへの喜びさえ感じる

藤井4段へのコメントが優しい

かつて通った道なのだ

いいものを見た

電王戦などより、よほど面白い

将棋は、人間同士が対戦してこそ面白い


将棋は、人間のためにある