読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルドルフ人形の悲劇

我が子が3つになった頃この人形を作った

子供の気持ちに寄り添えるように

無表情に作るのだ

能面に似てるが基本能面は、命ない人の

面差しなのでちょいと意味が違う

元気よく、材料ケチらずはち切れんばかりに

しっかり作る

不思議と嬉しい時は、なんとなく機嫌よく見えるし

悲しい時は、心閉ざした表情に見える

密かに、結婚の折は、今までの人形と、

新しい人形を新居に持たせようと思っていたが

その夢を5歳で木っ端微塵に砕かれた

手に穴開けながら植えた髪を残バラ髪に

きりきざまれてしまったのだ

自分が髪を切られるのだから

人形の髪を同じ様に切りたくなる気持ちはわかる

100歩譲って分かることにする

が我が子は、5歳で言い放たのだ

わかっちゃいるけどやめられないんだよね

そりゃね、その言葉を、感情が先走りそうになる

時、安定剤代わりに言ってました

言っていたのは、母親です、私です

が、この期に及んで、切ったお前が言うか

この時程、インターバルをとりたいと思った

ことは、無い

また、髪を植え直す気には、なれなかった

未練がましくも、残バラ髪の人形は、本棚の奥に

無表情で座っている

人形と私の悲劇であった