読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルール

ルールは、人間のためにある

ダウンしょうの子供が1年入学を遅らせれば

より、学ぶにふさわしい力が身につく

成長がゆっくりなのだ

母親が何度行政に掛け合っても認められなかった

現場も本人も親も苦しむとわかっていて


現場は、見放せばいいが、本人と親にとっては、

人生に関わる

受け入れられなかた理由は、ルールだ

教育に対する目的が曖昧だから

ルールに翻弄される


フィンランドの教育の目的は、明確だ

国家を支える自立、自律した人間の育成だ

国家のありょうに自身の考えを有する国民だ

フィンランドには、不登校も塾もない

人口の少ない国家にとって不登校は、国家の存続に

関わるのだ

差別が無いわけではない

港のバザールで初めて流浪の民と出あった

しかし、個の確立が成っているから

対応が偏らない

それが、世間の風とうしの良さに関わる

驚くことに

学校での年月をへるに従って

しょうがいが気にならなくなるとのことだ

国の助けを必要とする障がい者は、

国民の2パ-セントにすぎない

ルールは、人間のためにある