読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校の三者面談でびっくりポンポン

はじめて、三者面談を経験した時
びっくり仰天したのが
先生に面と向かって、子供ではなく、私が座らされそうになったことだ

私,この子のオブザーバーできたのに
メインは、この子
私じゃない,

ヤバイここに座っては、親として勘違いする
高校進学のはじめての選択は、この子がすべきこと
親は、あくまでも後方支援に過ぎないのだ
ここに座ってはいけない

どうも、どうもと二ヘラしながら
先生の斜め前に陣取った
やれやれである

聞きたい事と、聞くべきことは、違う
子共が聞くべきことは、聞かないように
一様努力した
イライラする、血圧あがる

その結果、宿題しないのも、勉強しないのも
私の問題でわない
私に出来るのは、せいぜい、
寝てる耳もとで
あなたは、宿題したくなる、あなたは、勉強したくなると洗脳するぐらいだと悟りを開いた

びっくりポンポン
洗脳の甲斐あってか、
志望校に入ったのである

勿論、勘違いしないために面談の折は
斜め前を死守したことは、言うまでもない

引き続き高校でも死守している
可愛さ余ってが、命とりなのである