読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校生の恋愛事情

何故か、同じ日に高校一年生が兵庫県
、福岡県で・・・・・・

どうして、どうしてなんだろう
不安でたまらない

そこには、社会的病理がひそんでいるのか?
偶然なのか

人間の脳といわれる前頭前葉の劣化は、
テレビの普及にはじまる
今となっては、ITが人間同士の生の関わりを
稀有なものにし
学校でさえ、相互理解を深めるようなコミュニケーションは、稀なこととなった

自分しか見えてない、もしくは、相手に引きずられ
自分が見えなくなってしまう恋愛

自分の枯渇しているものの代替えとしての恋愛

ホルモンの暴走による恋愛

いずれにしろ、相手に寄りかかった恋愛は、そこに留まる限り破局する
そうでなくても、恋愛は、破局するのだ


圧倒的に人間との関わりが足りない
近くにいる大人は、大抵先生か、監督コーチ、
上から目線だ
恋愛では、こうであるべきが通用しないのだ
ケーススタディの機会が圧倒的にすくない

前頭前葉は、人間同士の関わりでしか働かない
使わなければ育たない
前頭前葉には、衝動の抑制と言う働きもある

少なくとも、
小学校のうちに、自分のよくわからない気持ちを寄近い言葉にする力が不可欠だ
中学生のうちに、相手の気持ちに寄近い言葉を想像できる力が不可欠だ

それがアイデンティティーの確立の助けとなる
自分の気持ちと相手の気持ちとを分けて考えられること
それが失恋の痛手を癒す

勿論だが
これが、正しいとは、限らない

30.40才になっても恋愛出来ないのは、困る
失恋に、死の可能性がついて回るのも困る
ストーカーもこまる

恋愛のはじめの一歩は、軽やかに親戚の変なおじさんに言われた、残っている


執着の、正体が知りたい
不安でたまらない