読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文明の進化と生物としての人間の進化

人間の前頭前野は、
人間と対峙するときにしか働かない
スマホをはじめとするITには、働かない

前にも書いたが、
前頭前野は、人間の脳と言われるほど
著しく大きい

人間の最大の恐怖は、人間なのだ
その人間と関わるために進化した脳なのだ

ゲームがやめられなかった経験は、ないか
スマホをいじっていて、寝たいのに、やめられなかった経験は、ないか
面と向かっては、言えない影口を、ラインでは、
書けてしまった経験は、ないか
相手が目の前にいたら、言えない言葉を気遣いなしに書き捨てたことは、ないか

ITの進化に前頭前野
進化が間に合っていないのだ

前頭前野の機能に情動の制御がある
思考、創造、コミュニケーション、意思決定
行動の抑制、etc.がある

スマホ使用時には、動かない
ITが人間の前頭前野が機能するよう進化するのか
目の進化のように前頭前野の爆発的進化が起こるのか
前頭前野は、使わなければ強くならない
このまま、ITに、支配される未来にあまんじるのか

人間は、いまさらITを手放しはしない
スマホゲームで遊んでいるとおもっているかもしれないが、遊ばれているのだ
ラインで、コミュニケーション、違う
情報の、受け渡しでしかない

スマホ、ITとは、そういう道具なのだ
強い意識をもって、使わなければならない

若者よ、恋をしょう
前頭前野を強くするためにも、
めんどくさい、人とのコミュニケーションこそが
文明の進化を制御する可能性なのだから
文明の進化は、人間のためにあってこそふさわしい