読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめ体験記の高いハ-ドル

怨み、怒り、悲しみ、いじめられて無くしたものを数えているうちは、本の出版は、無理だいじめた、加害者にこそ本を買わせるには、いじめられた経験を乗り越える必要があるそこに加害者にも共感出来る何かを見いだせた時はじめて、一歩が踏み出せる超える 頑…

どんなかんじかな

昔の映画、ジョニーは、戦場へ行ったをご存知だろうか戦場で負傷し、手も足も目も口も耳も無くしてしまた首と頭を僅かに動かすことしか出来ないジョニーの話だモ-ルス信号によって意識があることを確認されるのだがジョニーにも確かにジョニーの世界は、存…

守るものの正体

小和田優美子さんの談話が切ない 親馬鹿だと思われるかも知るませんが私は、妃殿下が心配なのです妃殿下は、ありのままの人なのだから演技は、出来ない何かあると小和田が悪いと言われるけど日本も皇室もかわらなければ 彼女の守りたいものは、明白だ

プリンセスは、プリンセスのままで

しょうがいという個性をプリンセスが持っていていけないはずがないその対応のしかたがその国の品性をあらわすまさか二十一世紀そんなことが・・・・ 人間は、しょうがいがあろうと、その人がその人らしく生きられる世の中をめざすそれは、平和をめざすのと同…

自閉症を知るために

私は、理科系の人間では、ない むかし、まだ学生の頃、数学を国語のように教えてくれた先生がいたあの時が一番数学を身近に感じたあの時のように自閉症を理解したかった 一番力になったのは、テンプル・グランディンの本だった彼女に興味を持ったのは、畜産…

コミ障

我が子は、沈思黙考がただ吸い取り紙のように相手の愚痴を聞いてきてひたすら疲れている愚痴専用の水洗トイレかと思うが聞かないと、らしくないと言われるらしいまあ、いっぱいいっぱいにならないと開き直れないだろうし母親は、右から左に聞き流すと決めた…

高浜原発再稼働

未来の人々に原発のことを、大人として伝えておくべきだと思った 絵本 火の話作 黒田征太郎 この絵本を読み聞かせた 原子力が悪いわけでは、ない人間には、安全に原子力をコントロールする力がないのだ 太陽が燃えているのは、核融合原子の仕事だ水素と水素…

中学生のクラブ

先生は、一人でかかえ込みすぎだと思う文科省も、学校のシステムも、同僚もあてにねらないのなら当の本人生徒に、相談してみるのも一つの手だ教え導くではなく生徒に主導権を渡してサポーターに回ればいいタダでさえ伸び盛りを酷使して選手生命短くしかねな…

今は、知らぬが

檳榔な話だとも思わぬが和英辞典に、おしっこも、うんちも載ってなかったスラングだから?困る、いや困った子供のおしっこに血が滲んだ海外での病気の説明に困った体を維持するための大切な機能なのだうんち、おしっこ なめんなよことと次第によっては、命に…

共謀罪ってだれのため

政治家の皆さん本当ですか官僚の皆さんが都合の悪い政治家を失脚させるための法律だとかって話官僚の皆さんは、表向き公僕をうたっておいて官僚による院政を引くつもりなんですか?日本国民は、政治家の選挙ではなく官僚の選挙しないと民主主義まもれなくな…

何にもない

何にもない 何にもない 全く何にもない生まれた 生まれた 何が生まれた星が1つ 暗い宇宙に 生まれた星には 夜があり やがて朝が訪れた何にもない大地にただ風が吹いてた 吹いてた はじめ人間ギャ-トルズのエンディングに流れていた奴らの足あとのバラード…

努力の本質

道徳の教科書でアスリートがかなり取り上げられるようだ鍛錬すれば報われるだけの才能を有している人々だ しかし、努力しても、努力してもむくわれないのが普通だ嫌だと思いながらそれでも尚、すべきことをする報われずともすべきことをすると自ら決め実行す…

虚構

北朝鮮のサイバ-攻撃で他国から北朝鮮へ不正入金されているニュ-スが流れてきた 見えない目で虫眼鏡を頼りにサピエンス前史をよちよち読んでいるのだが 北朝鮮のこのニュ-スに貨幣経済をはじめ当たり前に信じている国家、国民企業、法律、平等、人権すべ…

10歳の男の子の言葉

こうのとりのゆりかご という赤ちゃんポストが設置されて十年がたったというニュ-スに出会った 十年前こうのとりのゆりかごに入れられた赤ちゃんが10歳の少年となってインタビューを受けていた その抑制のきいた語りくちに 心揺さぶられたどれほど、この…

世界地図

外国に行くと、かならず世界地図を買った国によっては、ばか高かったり見つけられない国もあったその国の世界地図は、その国における日本の立ち位置に反映されている日本の世界地図のように日本は真ん中にはないこぼれんばかりの端っこに位置する場合が多い…

親の離婚

子供への影響は、小さくない 絵本パパは ジョニーって言うんだ 作 ボ- ・ R ホルムべルイ 絵 エヴァ・エリクソン 訳 ひしきあきらこ スウェーデンの絵本だ個人主義であり、男女格差が少ない国の絵本だ心を守るために夢の中の住人でいて欲しい小学 1 、 2 、…

感想文

我が子の六年生の時の感想文だ信じられないが本人覚えていないどうでもいいとのことなので母親である私の戒めのために書きおく 青い鳥 を読んで この本は、くちぶえ番長 と きみの友だちを書いた重松清さんの本です今までに三冊読みました 私は、この人の本…

猿はサル

山に一番食べ物のない時期は、夏なのである 山を背負っている、拙宅には、夏、人間には、都合の悪い凶暴な野ザルがやってくる去年は、百合の蕾を根刮ぎ召し上がってさっていった家という檻の中でじだんだを踏んだ 同じ猿なのになんと、動物園のサル山のお猿…

空腹

貧困、見て見ないふりをすれば子供の空腹を、大人は、見過ごせる子供は、無力だ自分で何とかすれば開ける道を確保してやりたい お年寄りがゴミ出しで困っているとよく聞くゴミ出しを手伝う事で、空腹を満たすすべは、創造出来ないか どうにかすれば自分で空…

憲法を改正するために必要なこと

私ですら、自衛隊のあり方をこのままでいいとは、思わないこの有事に及んで尚更だ戦時下に丸腰同然で送り出すのは、棄民に等しいそれでも、どうしても憲法改正に疑念を抱くのは、先の敗戦の自国の総括ができてない事だ戦後七十年何をしていたのか悔やまれる…

ウグイスよちょっと違うぞ

鶯が鳴き出したお国言葉か ほ-ほけきょとは、鳴かないかれこれ二十年口笛で ホ-ホケキョと本歌を示してみるも一向に、ホ-(半拍やすんで)ケキョ なのだ連面なる申し送りか嵐山の気品あふれるホ-ホケキョからの谷渡とは、程遠いどうにも、寸ずまりなのだ …

将棋 藤井聡太 4段 VS 羽生善治 3冠

羽生3冠が負けた一局だ感想戦が楽しかった対局は、十四歳だろうが、親子ほど離れた、将棋会のレジェンドだろうが関係ない潔い、負けは、負け、勝ちは、勝ちなのだ感想戦では、長く君臨している棋手として、気づかい、さすのを忘れて本気で考え込む羽生3冠の…

体罰

もったいないと、思ったことがある失敗して思考がはじまっているのに親切に、体罰で思考を止めてやる思考のあがきからくらべれば体罰の方が短く楽かもしれない短絡的に思考を止められる 指導者以上に伸びる可能性を閉ざすへたすると負の感情が蠢き出す指導者…

憲法記念日

悩ましい憲法記念日だ老人が戦後何も考え無かった付けが若者に回る 首都大学東京教授 憲法学者 木村草太さん一番言ってることが理解出来た

恩讐教育の未来

慰安婦像のニュ-スを見ながらふと思った日本の教育の救い強みと言ってもいいのかもしれない 未来の人々に恩讐教育をしなかったことだ恩讐教育は、理性を磨かない短絡におちいりやすいこの、グローバル社会においては、善悪よりも矛盾と共に生きる力がものを…

収穫を問わず耕耘を問う

スタンダードは、収穫を問わず 耕耘を問うだが私の師は、収穫を問わず 耕耘を楽しむとしていた問うてばかりでは、肩がこる肩がこっては工夫もままなるまい工夫を凝らすことは、本来楽しいことなのだ食って行くためにどうせ追い詰められるそれならせめて工夫…

汝五尺の身を売って

人には、体臭がある遺伝子的に遠い男性の体臭は、好ましく近い体臭には、好ましくないと感じるように生物としてプログラムされているのだ背が高いとか、姿がいいとか、エリートだとか一切関係無いこの臭いは、性行為におよぶには、女性にとって乗り越えがた…

風邪

病院へ行ったら、風邪をどこかでもらってしまった咳がひどい、熱もぐづぐづあるこんな時、口に歯ブラシを入れるのが辛いえずいてしまうのだそんな時の強い味方がコンクールという口をすすぐ方法の口腔ケア剤だ二、三滴コップにたらして水で薄めて口をすすげ…

素敵だ、若い力が素敵だ

#東北でよかった 若い人の為政者に対する切り返しに胸が踊る いい、凄くいい鬱々としていた気持ちが晴れたありがとう一人一人が見えた SEALEDsしかり、もの言う距離感がいい さて、ロ-トル為政者達は、何を感じたのだろう引き時 の文字は頭に浮かばぬかも…

国民を置いてきぼりにして

後藤健二さんを覚えているだろうかイスラム国に惨殺されたジャ-ナリストだ本当を目の当たりにしそこに暮らす人々を子供向けの本に昇華させている凄い仕事をした人だ それに比べなんと振り幅の広い北朝鮮報道かマスコミ、専門家、ジャ-ナリスト、エセが多す…

戦争で死んだ兵士のこと

たまたま聞いていたラジオで荻上チキさんが紹介していた久しぶりに本棚から引っ張りだす小泉吉宏 作の絵本だ (吉の字は、土に口なのだが出てこない☆★)絵本としては、小さな単行本サイズだ 今は、のどかな森の中の湖のほとり一人の兵士が死んでいるとはじまる…

オルドルフ人形の悲劇

我が子が3つになった頃この人形を作った子供の気持ちに寄り添えるように無表情に作るのだ能面に似てるが基本能面は、命ない人の面差しなのでちょいと意味が違う元気よく、材料ケチらずはち切れんばかりにしっかり作る不思議と嬉しい時は、なんとなく機嫌よ…

面構え

凄味のある面構えに、 とんとお目にかかれなくなった政治家はとくに、妖怪になってしまう もっとも、凄味のある面構えと妖怪とは、 紙一重と言えなくもないが その一重がとてつもなく超え難い田中正造が議員時代の写真と谷中村の戦いに骨をうめると覚悟を決…

私の気持ちわからないくせに

出ました、思春期 無理無理リフレイン 言わねば、わからん‼ 怠惰な奴めかの、谷崎潤一郎は、 我が心、我より他に知る人ぞなし 人の心は、一人だと言った心理なのだ、我が子よ 考えてみたまえ例えば、恋人が不慮の事故で亡くなったら、 どうにもならない悲し…

千葉で小三の女の子が殺されてしまった

千葉での保護者会会長が容疑者となった事件 善意のボランティアに足踏みをする人々が いるに違いない子供の人間関係を急速に狭めた可能性もあるおはようのおかえりの声を 掛けずらくなりは、しないか子供が 挨拶を返すのを、ためらいは、しないか疑心暗鬼で…

絵本の可能性

はせがわくん きらいや 長谷川集平 作と出会うまで、絵は言葉のイメージであり言葉は、絵の説明だと思っていた文学作品を読んでイメージを立ち上がらせるためのはじめの一歩だと、思っていただから絵は絵として味わい美しい文章は、文章として別々に味わう事…

戦争が無くならないわけ

人間に好きという感情があるから、 戦争が無くならない とタモリさんが言ったそうだでは、金正恩は、何が好きなんだろう 人民、北朝鮮、家族、家、自分 どれも腑に落ちない少なくとも式典に出てきた人は、変え玉に違いないこの状況であれほどに屈託なく笑え…

ルール

ルールは、人間のためにあるダウンしょうの子供が1年入学を遅らせればより、学ぶにふさわしい力が身につく成長がゆっくりなのだ母親が何度行政に掛け合っても認められなかった現場も本人も親も苦しむとわかっていて 現場は、見放せばいいが、本人と親にとっ…

出会って

元気かな、時々思い出す 大学一年生の太一に出会ったのは、 一番しんどい時期に夜中のおにぎり製造のバイトで だった、車椅子に乗っていた今でも忘れられない僕の障害は、見ればわかる あんたのは、いくら苦しんでいても、 わからないから 同情も偏見もあっ…

子供の心を代弁することとの出会い

苦い、苦い懺悔である我が子は、 歯磨きというと逃げ回り 泣くわ、蹴飛ばすわ、口を開かないわ案の定虫歯にしてしまった 責任を感じた 年寄りは、食べものを口移しにするのだ ストレスは、マックスだったまた歯科医に連れていくのも一苦労で 自分の中でプチ…

本当のやさしさ

留年を日本では、どう考えるだろうか 義務教育では、まずない ところてん式だ日本でいう義務教育は、六年間、三年間 学びの時間を保証することだしかし、 国家が国民にこれだけの学びの到達を保証する とコミットしている国があるだから留年を恥じとは、とら…

朝鮮民主主義人民共和国の雛 健やかであれ

トランプ大統領の動きが慌ただしく外向きだ 言ってた事とやってる事の正合成に首を傾げる戦争すれば景気は、あがる、トランプ支持も増える だが 市井の人々が、殺されるプ-チンが アサド政権が化学兵器で空爆されたと言われる場所をアメリカへの当て付けに…

共謀罪

若者を不自由にしないか 不安だ SEALDsのような活動が、出来なくなりはしないか 産まれにくくならないか現在ですら、漫才師のおしどりに 公安の追っかけがつくのだ先進国の中でも、日本は、国民の命が関わるような 情報でさえ、出てこない国なのだ共謀罪の先…

好きな作家

私は、志賀直哉が好きだ 自己肯定感が強いとは言えない私には、 安心の一冊なのだ この作家の底辺には、 戒めとしての自己肯定感が宿るが心理の奥底を辿ると 命ぎりぎりを探る 芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成 ぞくぞくする面白さがある 小説にお…

私、神様産んじゃった?

我が子が帝王切開で、この世の人になって はじめて対面した時 私、神様産んじゃったかと思った 喜怒哀楽が無いのだ憧れさえする無の境地 あるとしたらこんな感じかなってお腹がすけば泣きはするが 満足すれば無の境地が心配は、いらなかった 私と同じタダの…

美しい肖像画

私が、心底美しいと思う一つが丸木美術館にある、 丸木俊さんが姑のスマさんをえがいた肖像画だ順路をたどり出口に向かって左側に受付があり、絵はがきや画集が売られていた その横に出口があって、そのみぎにある壁に埋め込まれた柱にその絵は、かけられて…

図録

祈りの心 木下晋作品展ヘ 平塚美術館まで我が子と行った小学六年生の我が子は、入場料を必要としなかった 中学生まで無料とのことだった ちょっと感動した 伸びゆく一秒を持った人には、 心を育てるために 本物と出会う必要があるしかし、若い人は、我が子一…

ぐるぐるめっちょ

我が子が 三、四才の頃ぐるぐる回りだした時期があった 危なっかしくて、ついつい止めてしまったが それは、思う存分回らせてやるべきだったのだ子供の発達には、タイミングがある そのタイミングでは 爆発的に育つ まさに三半規管を強く成長させるために ま…

育て直し

今からはじめる 育て直し 問われる乳幼児体験角田春高 著薄い本である 幼稚園での5歳男児への虐待を園児に手伝わせた小学二年生の女子を教室に閉じ込める体罰つい最近ニュ-スで流れた我が子がいじめにあった時、 いじめた子を一方的に責めることを 良しとし…

安倍首相が福島原発がコントロール下にあると発表した事情

ずっと理解できないでいた コントロールされていないのに何故 おしどりのマコちゃんを追っているうちに解ったアジア、アフリカなどに今後50基、原発の建設予定がある福島の3基の原発事故により 原発は、安全だと、セ-ルスができなくなった今後は、事故が起…