読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪

病院へ行ったら、風邪をどこかでもらってしまった咳がひどい、熱もぐづぐづあるこんな時、口に歯ブラシを入れるのが辛いえずいてしまうのだそんな時の強い味方がコンクールという口をすすぐ方法の口腔ケア剤だ二、三滴コップにたらして水で薄めて口をすすげ…

素敵だ、若い力が素敵だ

#東北でよかった 若い人の為政者に対する切り返しに胸が踊る いい、凄くいい鬱々としていた気持ちが晴れたありがとう一人一人が見えた SEALEDsしかり、もの言う距離感がいい さて、ロ-トル為政者達は、何を感じたのだろう引き時 の文字は頭に浮かばぬかも…

国民を置いてきぼりにして

後藤健二さんを覚えているだろうかイスラム国に惨殺されたジャ-ナリストだ本当を目の当たりにしそこに暮らす人々を子供向けの本に昇華させている凄い仕事をした人だ それに比べなんと振り幅の広い北朝鮮報道かマスコミ、専門家、ジャ-ナリスト、エセが多す…

戦争で死んだ兵士のこと

たまたま聞いていたラジオで荻上チキさんが紹介していた久しぶりに本棚から引っ張りだす小泉吉宏 作の絵本だ (吉の字は、土に口なのだが出てこない☆★)絵本としては、小さな単行本サイズだ 今は、のどかな森の中の湖のほとり一人の兵士が死んでいるとはじまる…

オルドルフ人形の悲劇

我が子が3つになった頃この人形を作った子供の気持ちに寄り添えるように無表情に作るのだ能面に似てるが基本能面は、命ない人の面差しなのでちょいと意味が違う元気よく、材料ケチらずはち切れんばかりにしっかり作る不思議と嬉しい時は、なんとなく機嫌よ…

面構え

凄味のある面構えに、 とんとお目にかかれなくなった政治家はとくに、妖怪になってしまう もっとも、凄味のある面構えと妖怪とは、 紙一重と言えなくもないが その一重がとてつもなく超え難い田中正造が議員時代の写真と谷中村の戦いに骨をうめると覚悟を決…

私の気持ちわからないくせに

出ました、思春期 無理無理リフレイン 言わねば、わからん‼ 怠惰な奴めかの、谷崎潤一郎は、 我が心、我より他に知る人ぞなし 人の心は、一人だと言った心理なのだ、我が子よ 考えてみたまえ例えば、恋人が不慮の事故で亡くなったら、 どうにもならない悲し…

千葉で小三の女の子が殺されてしまった

千葉での保護者会会長が容疑者となった事件 善意のボランティアに足踏みをする人々が いるに違いない子供の人間関係を急速に狭めた可能性もあるおはようのおかえりの声を 掛けずらくなりは、しないか子供が 挨拶を返すのを、ためらいは、しないか疑心暗鬼で…

絵本の可能性

はせがわくん きらいや 長谷川集平 作と出会うまで、絵は言葉のイメージであり言葉は、絵の説明だと思っていた文学作品を読んでイメージを立ち上がらせるためのはじめの一歩だと、思っていただから絵は絵として味わい美しい文章は、文章として別々に味わう事…

戦争が無くならないわけ

人間に好きという感情があるから、 戦争が無くならない とタモリさんが言ったそうだでは、金正恩は、何が好きなんだろう 人民、北朝鮮、家族、家、自分 どれも腑に落ちない少なくとも式典に出てきた人は、変え玉に違いないこの状況であれほどに屈託なく笑え…

ルール

ルールは、人間のためにあるダウンしょうの子供が1年入学を遅らせればより、学ぶにふさわしい力が身につく成長がゆっくりなのだ母親が何度行政に掛け合っても認められなかった現場も本人も親も苦しむとわかっていて 現場は、見放せばいいが、本人と親にとっ…

出会って

元気かな、時々思い出す 大学一年生の太一に出会ったのは、 一番しんどい時期に夜中のおにぎり製造のバイトで だった、車椅子に乗っていた今でも忘れられない僕の障害は、見ればわかる あんたのは、いくら苦しんでいても、 わからないから 同情も偏見もあっ…

子供の心を代弁することとの出会い

苦い、苦い懺悔である我が子は、 歯磨きというと逃げ回り 泣くわ、蹴飛ばすわ、口を開かないわ案の定虫歯にしてしまった 責任を感じた 年寄りは、食べものを口移しにするのだ ストレスは、マックスだったまた歯科医に連れていくのも一苦労で 自分の中でプチ…

本当のやさしさ

留年を日本では、どう考えるだろうか 義務教育では、まずない ところてん式だ日本でいう義務教育は、六年間、三年間 学びの時間を保証することだしかし、 国家が国民にこれだけの学びの到達を保証する とコミットしている国があるだから留年を恥じとは、とら…

朝鮮民主主義人民共和国の雛 健やかであれ

トランプ大統領の動きが慌ただしく外向きだ 言ってた事とやってる事の正合成に首を傾げる戦争すれば景気は、あがる、トランプ支持も増える だが 市井の人々が、殺されるプ-チンが アサド政権が化学兵器で空爆されたと言われる場所をアメリカへの当て付けに…

共謀罪

若者を不自由にしないか 不安だ SEALDsのような活動が、出来なくなりはしないか 産まれにくくならないか現在ですら、漫才師のおしどりに 公安の追っかけがつくのだ先進国の中でも、日本は、国民の命が関わるような 情報でさえ、出てこない国なのだ共謀罪の先…

好きな作家

私は、志賀直哉が好きだ 自己肯定感が強いとは言えない私には、 安心の一冊なのだ この作家の底辺には、 戒めとしての自己肯定感が宿るが心理の奥底を辿ると 命ぎりぎりを探る 芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成 ぞくぞくする面白さがある 小説にお…

私、神様産んじゃった?

我が子が帝王切開で、この世の人になって はじめて対面した時 私、神様産んじゃったかと思った 喜怒哀楽が無いのだ憧れさえする無の境地 あるとしたらこんな感じかなってお腹がすけば泣きはするが 満足すれば無の境地が心配は、いらなかった 私と同じタダの…

美しい肖像画

私が、心底美しいと思う一つが丸木美術館にある、 丸木俊さんが姑のスマさんをえがいた肖像画だ順路をたどり出口に向かって左側に受付があり、絵はがきや画集が売られていた その横に出口があって、そのみぎにある壁に埋め込まれた柱にその絵は、かけられて…

図録

祈りの心 木下晋作品展ヘ 平塚美術館まで我が子と行った小学六年生の我が子は、入場料を必要としなかった 中学生まで無料とのことだった ちょっと感動した 伸びゆく一秒を持った人には、 心を育てるために 本物と出会う必要があるしかし、若い人は、我が子一…

ぐるぐるめっちょ

我が子が 三、四才の頃ぐるぐる回りだした時期があった 危なっかしくて、ついつい止めてしまったが それは、思う存分回らせてやるべきだったのだ子供の発達には、タイミングがある そのタイミングでは 爆発的に育つ まさに三半規管を強く成長させるために ま…

育て直し

今からはじめる 育て直し 問われる乳幼児体験角田春高 著薄い本である 幼稚園での5歳男児への虐待を園児に手伝わせた小学二年生の女子を教室に閉じ込める体罰つい最近ニュ-スで流れた我が子がいじめにあった時、 いじめた子を一方的に責めることを 良しとし…

安倍首相が福島原発がコントロール下にあると発表した事情

ずっと理解できないでいた コントロールされていないのに何故 おしどりのマコちゃんを追っているうちに解ったアジア、アフリカなどに今後50基、原発の建設予定がある福島の3基の原発事故により 原発は、安全だと、セ-ルスができなくなった今後は、事故が起…

アクティブラーニング

能動的学習そんなに簡単に行こう出来るのだろうかまず、教師の自由な時間の確保意識の変革資金の手当てスキルの向上アクティブラーニングに比べてまだやり安かったであろう、ゆとり教育を諦めた国なのだゆとり教育からのアクティブラーニングへの移行 ならま…

学びの本質

暗記は、学びの土台であり、学ぶための材料を担保する手段だバカにしては、いけない大学受験では、数学、科学、などの理数系であっても、暗記でのりきれるそうだ改革後の大学受験については、定かではないが 一足飛びにフランス式にするのは、無理がある学び…

春と聞くだけで

春と聞くだけで、すぐ明るい軽いうす桃色を 連想するのは、閉ざされた長い冬の間のくすぶった灰色に飽き飽きして、のどにつまった重い空気を どっと吐き出してほっと目をひらく、すぐに 飛び込んで欲しい反射の色です 夏目漱石の草枕の冒頭のように、そらん…

オバマの折り鶴

広島の平和記念公園に貞子の像がある 佐々木貞子さんの像だ2歳で被爆し10年後に原爆症で亡くなった 病院に入院しながら生きたい元気になりたいと 祈りをこめて千羽鶴を折っていたが 千羽に届かす、亡くなったのだ 貞子さんの兄が6羽手元に残した1羽がアメリ…

障害を持った子へのいじめ

我が子の幼稚園の時の親友が知的障害者だった 中学に入って同じクラスになった我が子は、混乱した、 その子が言っていることが理解できない 話が一方的であの時みたいに会話が成立しないと そうゆう、状況で我が子にその子が寄りかかるようにしむけられた 自…

将棋の電王戦の意味

人と人が対局するからこそ将棋なのだ 将棋は、人間のためにある人間の脳の前頭前野は、ずば抜けて、大きい それゆえに、人間の赤ちゃんは、 超未熟児で生まれてくるのだ人間にとって一番怖いのは、人間だ 戦争の相手は人間だ、テロの相手も人間だ 差別をする…

天下り

よく分からん国家公務員て日本屈指の頭脳集団じゃないの? ならお役所が受け皿探さなくても 引く手あまたじゃないの?民間行くのに お土産持参じゃないと 雇ってもらえないほど無能なのわかんない、 CEO務めるぐらいの能力じゃないの? より専門性を生かした…

忖度(そんたく)

やな言葉だ 少なくとも公務員が使っていい言葉ではない 権力に迎合すると同義だ東大で、一流大学で 権力には、おもねろと教えているのか それほどに出世は魅力的か田中正造の谷中村の戦いは、国家に対して 帝国憲法を守れという戦いだった だから法律を守り…

アメリカが無人兵器を導入する理由

アメリカが大きく劣化した原因は、退役軍人にある 退役軍人ホ-ムレス問題、自殺、反社会的行為軍隊の過酷な訓練は、自身の自尊心を叩き潰すためにするのだ 自分の命が大切な人は、相手の命の重さをも わかってしまう それでは、敵を殺せない、 敵を殺すため…

祈りの心 木下晋

平塚美術館に我が子と行った 学芸員に力があるのだ たまに、行きたいと思える企画と出会える 建物がいくら立派でも人間に力がなければ、 魅力的な美術館にはならないのだ 祈りの心 木下晋 展が見たかったのだ 私が 我が子をおっぽらかしでみていると我が子は…

病院の帰りに出会った

病院は、嫌いだ 血圧が跳ね上がる 否応なしによちよち通う生きるのも大変だが、より良く死ぬのも大変なのだ 親が早めに死することは、 劇薬だが、子にとって最高の肥料にもなりうると 歌舞伎界を見ていてそう思った 自殺では、毒薬になってしまう 生ききらね…

魔法の発動

あれから、幾年月か上橋菜穂子の 狐笛のかなた を文庫で買った単行本には、無い、解説や文庫本に寄せるあとがきなどが載る 悪くないたまに、イラッとする解説もあるが読まねばいい テレビのように垂れ流しではないので めんどくさいで、キッパリ選択せずに済…

ミヒャエル エンデを読んだことがあるだろうか

人の心は、人でしか磨かれない 人の心は、鏡には、うつらない 人の心に映し出された断片を繋ぎ合わせて 己の心のありようを知る 他に手は、無いミヒャエル エンデのモモを読んだことがあるだろうか人と関わることは、 ITに遊んでもらう何十倍も、面倒だ オマ…

どんな人が生きている価値があるの

どんな人が生きている価値があるの、 自分は、生きている価値があるの???この国の人の心の底に流れている気がしてならない不安な未来を抱えた子供なら尚更だ 大人は、 何を言っていいか分からないから 一握りの子供しか持ちえないのに 十把一絡げに 夢を…

いじめを無くすためにするべきこと

子供に 何故学校に行かなければならないのか と聞かれた時 私は、 心は、人の心でしかうつせない 学校には、あなたの心をうつしだすたくさんの心の鏡があるから もう、親の心だけでは足りない と答えた その鏡が、曇っている可能性を薄々感じながら…… 子供に…

漫才コンビおしどり 信頼できるニュ-スソ-ス見っけ

新聞を探り探り読むのにウンザリしていた 病院の行きに東京新聞を手にするぐらいだ 目が見えにくいのでそれすらままならない私には、世の中を理解するために、基軸にしている人が何人かいる残念ながら、大手メディアの記者は、いない 権力に飼い慣らされざる…

読んでおいてよかた子育ての本

38才で母親になるまで、赤ちゃんはもとより 子供さえ私の周りにはいなかった 自分の赤ちゃんを抱っこしたのが 初めての経験だったそんな私が出会ったのが、 佐々木正美 著 子供へのまなざし1 だったありがたかたのは、赤ちゃんを産んですぐの お母さんには、…

差別用語が持つ未来への戒め

津軽三味線の初代高橋竹山は、三味線を べチン、べチンたたかない コロコロ鳴らしていく竹山に出会うまでの べチン、べチンと泥臭い威圧的な津軽三味線は、 苦手だった 高橋竹山は、津軽三味線を 芸から芸術に高めたと思っている 世界で津軽三味線で活躍して…

林竹二に救われて

中学校2年から、林竹二の教育の再生を求めて 湊川高校で起こったこと を抱きしめて生きた時代がある その中の 人間について と言う授業の実録に 心ふるえた学校の有り様に、絶望していたのだ この、一編に生かされたと言っても過言では、ない この年になって…

憲法改正

侵略戦争は、いかなる場合においてもしないことを 日本国は、日本国民に約束する憲法裁判所を有する国となることを国民に約束するこの二点において憲法改正をしかし、森友学園のありさま、近隣諸国との信頼関 の欠如、アメリカからの自律の覚悟、民意の未成…

中学校の三者面談でびっくりポンポン

はじめて、三者面談を経験した時 びっくり仰天したのが 先生に面と向かって、子供ではなく、私が座らされそうになったことだ私,この子のオブザーバーできたのに メインは、この子 私じゃない,ヤバイここに座っては、親として勘違いする 高校進学のはじめての…

前2題に寄せて

これらを、クラス単位で話せたことは、 お互いにとって幸運だったバラバラだったクラスの子供達が シットリすると ある教師からフィードバックをもらった 一人に話したところで 例え一時でも、しっとりするほどに、落ち着いたクラスには、なるまい子供達は、…

いじめている君、いじめられている君が共に成長のベクトルに乗るために

命との付き合い方を必ず前に入れました いじめた子もいじめられた子も共に成長のベクトルに乗せるには をテ-マに創りました絵本 ありがとうフォルカー先生 パトリシア ポラッコ 作この本を読んだ後に伝えたこと小5,6年生 これがトリシァの書いた本です ト…

自己を肯定するために、命との向き合い方

読み聞かせでまずこのプログラムを先にします 自殺を止めるには、自己肯定感を育てるには、 をテ-マに創りました絵本 なきすぎては いけない 内田 麟太郎 作 を、読んだあとに伝えたこと小5,6年生 あなたの、お父さん、お母さんで二人 おじいちゃん、おばあ…

先生が,美しくなた子供と出会えることを祈っています

読み聞かせが終わって廊下に出たとき 次は、教頭かと思われる先生に声を掛けられた どうやら、聞いていたらしいよく暗記できますねと 絵本を読み終わったあとに、プログラムをしていた その事だ褒め言葉だったらしいのだが口から出任せですよと返したある意…

先生わかって

小学校で読み聞かせをしていた時のことクラスは、荒れていた、 先生は、いなかった この手のクラスの先生は、いないほうがありがたい 苦しんでいる場合が多いからだ友達の髪を結っている子がいた 随分挑戦的だなと思ったが 実は、分かりやすくてありがたい …

3月11日

3月11日 絆と言う言葉に、違和感を、持ている 文明を持った人間でさえ自然のいとなみの前では アリンコのように無力だった 人間の弱さを引き受けるためにも、祈りから始めるべき復興だったのではないか 人間が、何とかすれば何とかなる震災では、なかった文…